植毛を検討する場合に知っておきたい種類やメリット、デメリットについて

薄毛に悩む方が植毛をやってみようと思った時に、どういった種類や仕組みによって薄毛を改善させていくのかについて調べました。

植毛は髪の毛を増やすことを目的として行われます。

どういった方法で薄毛改善につなげていくのかと言うと、頭皮に直接毛髪を埋め込んでいく施術方法となります。

一度手術を終えれば簡単には抜けないので、本来の髪の毛と同様のケアやアレンジも可能で、雨に濡れてしまったり、風が強い日も気にならず薄毛に戻ってしまう心配がないことが植毛の魅力と言えます。

植毛には「自毛植毛」と「人工毛植毛」の2種類があります。

自毛植毛は自分の髪の毛を薄毛が気になる部分に移植する手術方法です。薄毛が気になる部分に移植することで自身の髪の毛を定着させ、抜け毛予防効果が期待できるメリットがあります。

また、自分の髪の毛を使うので髪質や色などで極端な違いが出にくく、手術したところが目立ちにくく、自然な仕上がりにしてくれます。

しかし、100%必ず定着するとは限らず、定着した場合でも手術後に移植した部分の髪が抜け落ち、産毛が生えるまで3カ月から4カ月かかるので、実際に効果を実感できるまでには1年ほどかかってしまうことも知っておきます。

人工毛植毛は、ポリエステルやナイロンなどの合成繊維で作られた人工毛を頭皮に埋め込む手術方法です。

自分の髪の毛を埋め込むわけではないので、植え込む髪の量や長さを自由に調整でき、1回の手術で自分の思ったボリュームを出すことが可能となります。

人工毛は太さや髪のうねり方、色などバリエーションが豊富なので移植したい部分ごとに幅広い選択肢があるので、希望通りのヘアスタイルに仕上げることができます。

人工毛と言っても自然な髪の毛と非常に似ているので人工毛だからといって違和感があるわけではなく、自毛植毛と比較して手術費用も安く抑えられるのがメリットです。

しかし、自分の髪の毛ではないので人によっては拒否反応が出ることもがあります。

拒否反応が出ない場合でも、異物とした排除しようと免疫機能が働いて自毛が早いサイクルで抜けてしまうことがあります。

植毛は薄毛に悩む方にとって投薬や育毛剤と違って、早期改善が可能なので、普段から人目に頭部をさらさなければいけない場合に、悩み解決につなげることができます。

ある程度自在にアレンジが可能なので自分の思うような仕上がりも可能です。

植毛手術の実績のあるところを選び、カウンセリングをしっかり行うことでより安心して植毛を受けられ、薄毛に悩んでいた自分を変えることができます。

※植毛経験者が選ぶおすすめの植毛クリニック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です