薄毛は毎日の食生活の見直しで改善できる?

髪の毛のトラブルはとてもデリケートなトラブルと言えます。

見た目の中でも特に頭頂部は注目が集まりやすい部分でもありますので、一刻も早くこの状況を改善したいと思う方は多いことでしょう。

その改善方法はいくつか存在しますが、即効性はなくともすぐに出来る方法に、毎日の食生活を見直すというものがあります。

この食生活の見直しで、本当に薄毛の改善は出来るのでしょうか?

薄毛の原因の一つとして、男性ホルモンの影響があります。

男性ホルモンはその名の通り、男性が多く分泌されているホルモンですが、男性よりも少ないですが女性にも存在しています。

この男性ホルモンの一種であるジヒドロテストステロンには非常に強力な脱毛作用があります。

その原因となるのが、最も強い作用を持つ男性ホルモンであるテストステロンが代謝によって変化したものなのです。

これは生活の乱れによって過剰に分泌されてしまい、それが原因でAGAと呼ばれる薄毛症状の原因となるのです。

では薄毛をどう抑えればいいのかというと、髪の毛が育つために必要になる栄養素を摂取することです。

まずは髪の毛や爪の主成分となっているケラチンというタンパク質を生成するために必要になる、アミノ酸を摂取することが一番です。

アミノ酸はタンパク質が分解されて摂取されるため、タンパク質を摂取することで体内でアミノ酸に分解、そしてケラチンに再合成されるため、タンパク質をとにかく摂取するようにしましょう。

また頭皮や髪の毛を健康的にするビタミン類も必要不可欠です。

特に魔法のビタミンとして今や誰もがしっているビタミンCは、頭皮環境を良くするだけでなくタンパク質の吸収を手助けする働きも持っているため、必ず摂取しましょう。

またミネラルも髪の毛の生成やタンパク質の合成をサポートしてくれるだけでなく、健康的な体の維持に必須となっています。

特に亜鉛は毛髪の成長のサイクルを整え、ジヒドロテストステロンが影響を及ぼす髪の毛の成長のサイクルを元に戻してくれる働きもあるのです。

亜鉛不足は味覚障害や免疫力の低下だけでなく、抜け毛の症状も挙げられているため、ミネラルも必ず摂取しておきたい成分と言えますね。

上述したこれらの成分は、健康的な体の維持に必要不可欠なものです。昨今では仕事に追われたり出費がかさみ、食生活が蔑ろになっている方も多いのではないでしょうか。

つまり薄毛は、栄養バランスが乱れて必要な成分が足りていないという、体からの警告と言っても過言ではないのです。

薄毛を改善するためには、もちろん専門用具や医療などによる治療が必要な場合もあります。しかし日常生活から見直しを計らないと、根本的な解決にはならないのです。

逆に言えば食生活を改め、不足しがちな栄養分を摂取すれば薄毛の改善は可能ということになります。

少し髪の毛が薄くなってきたかもしれないと気づいたり、将来的に不安に思っているという方は、ぜひ食生活を見直し、髪の毛に良い成分を継続的にしっかり摂取してみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です