月別アーカイブ: 2018年5月

薄毛にならないために早めに対処する

かっこ悪い、不潔など薄毛に対して私は良いイメージを持っていません。実際、私の職場などにいる薄毛の男性は、カッコいいとも言えず、どちらかというと職場の方からも距離を置かれています。

原因が全て薄毛というわけではありませんが、何故か薄毛ではない男性の方が人気があります。

私はまだ髪の毛がある方ですが、将来的に薄毛にならないよう髪の毛のあるうちから対処を始めています。その為、様々なことも調べました。

まず、薄毛にならないために頭皮の環境を改善する必要があります。髪の毛が生えてくるのを邪魔しないよう頭皮を清潔に保つことが大事で、そのためにも毎日欠かさず洗髪をしましょう。

ただ、洗髪の際に、爪を立ててごしごしこすることはNGです。頭皮が傷つくと、薄毛になりやすくなります。また、整髪料を使っている人は整髪料をしっかりと洗い流してください。

ただ、長い時間シャンプーをしていたり、2度洗いしてしまうと、必要な油分まで落としてしまうので注意が必要です。洗髪の際にはお湯の温度も重要で、熱すぎると油分を溶かして落とし切ってしまうので、38~40℃のお湯がベストです。

また、シャンプー剤も洗浄力に特化したものではなく、オーガニックなど人体に優しいものがおすすめです。また、髪の毛の絡みなどを無くすため、コンディショナーもしっかりとします。

ただし、頭皮につけないよう気をつけてください。

また、美容師に聞いたことなのですが頭皮を柔らかく保つことも薄毛には効果的ということでした。その為にも頭皮マッサージを毎日することをおすすめします。

やり方は、簡単でおでこ、耳の裏、後頭部の頭皮を頭頂に向けて引き上げるようにします。そのあと、全体的に頭皮を動かすようにマッサージします。私も、これを初めて2ヶ月程で頭皮が柔らかくなりました。

ただ、1日1回が限度です。何事もそうですがやり過ぎはいけません。

これまでは、頭皮環境の改善方法でしたが、それ以前に自分の生活のリズムも薄毛に影響を及ぼします。毎日、決まった時刻に起き、きちんと食事し、夜更かしせず決まった時刻に寝て、ストレスなく生活するということが何よりもの薄毛対策になります。

ただ食事の内容も、油っこいものや外食、コンビニ食を食べるのではなく、バランスよく食べるようにします。

一見薄毛となんにも関係がないようにも思えますが、規則正しい生活は、頭皮、髪の毛にしっかりと栄養を送ることができたり、頭皮の循環もよくしてくれる効果があります。

もし、薄毛で悩んでいる方は、まず生活環境から見直すのもよいです。