月別アーカイブ: 2018年4月

薄毛は毎日の食生活の見直しで改善できる?

髪の毛のトラブルはとてもデリケートなトラブルと言えます。

見た目の中でも特に頭頂部は注目が集まりやすい部分でもありますので、一刻も早くこの状況を改善したいと思う方は多いことでしょう。

その改善方法はいくつか存在しますが、即効性はなくともすぐに出来る方法に、毎日の食生活を見直すというものがあります。

この食生活の見直しで、本当に薄毛の改善は出来るのでしょうか?

薄毛の原因の一つとして、男性ホルモンの影響があります。

男性ホルモンはその名の通り、男性が多く分泌されているホルモンですが、男性よりも少ないですが女性にも存在しています。

この男性ホルモンの一種であるジヒドロテストステロンには非常に強力な脱毛作用があります。

その原因となるのが、最も強い作用を持つ男性ホルモンであるテストステロンが代謝によって変化したものなのです。

これは生活の乱れによって過剰に分泌されてしまい、それが原因でAGAと呼ばれる薄毛症状の原因となるのです。

では薄毛をどう抑えればいいのかというと、髪の毛が育つために必要になる栄養素を摂取することです。

まずは髪の毛や爪の主成分となっているケラチンというタンパク質を生成するために必要になる、アミノ酸を摂取することが一番です。

アミノ酸はタンパク質が分解されて摂取されるため、タンパク質を摂取することで体内でアミノ酸に分解、そしてケラチンに再合成されるため、タンパク質をとにかく摂取するようにしましょう。

また頭皮や髪の毛を健康的にするビタミン類も必要不可欠です。

特に魔法のビタミンとして今や誰もがしっているビタミンCは、頭皮環境を良くするだけでなくタンパク質の吸収を手助けする働きも持っているため、必ず摂取しましょう。

またミネラルも髪の毛の生成やタンパク質の合成をサポートしてくれるだけでなく、健康的な体の維持に必須となっています。

特に亜鉛は毛髪の成長のサイクルを整え、ジヒドロテストステロンが影響を及ぼす髪の毛の成長のサイクルを元に戻してくれる働きもあるのです。

亜鉛不足は味覚障害や免疫力の低下だけでなく、抜け毛の症状も挙げられているため、ミネラルも必ず摂取しておきたい成分と言えますね。

上述したこれらの成分は、健康的な体の維持に必要不可欠なものです。昨今では仕事に追われたり出費がかさみ、食生活が蔑ろになっている方も多いのではないでしょうか。

つまり薄毛は、栄養バランスが乱れて必要な成分が足りていないという、体からの警告と言っても過言ではないのです。

薄毛を改善するためには、もちろん専門用具や医療などによる治療が必要な場合もあります。しかし日常生活から見直しを計らないと、根本的な解決にはならないのです。

逆に言えば食生活を改め、不足しがちな栄養分を摂取すれば薄毛の改善は可能ということになります。

少し髪の毛が薄くなってきたかもしれないと気づいたり、将来的に不安に思っているという方は、ぜひ食生活を見直し、髪の毛に良い成分を継続的にしっかり摂取してみましょう。

髪に海草は効くという民間伝授はホントだった!

30代の後半から薄くなり出し、40代にしてはっきりと頭頂部、M字がほぼ同時に進行しました。それからは育毛剤、育毛シャンプーなど手に入れられるものを試しましたが、進行を抑えることが出来ないまま40代も後半に突入し出した頃、突如として好転の兆しが現れました。

それは駄目元で試した民間療法的な対処法によってでした。しかも、それまでに試したものに比べてほとんどお金もかからない画期的なものです。

(ただ、お金自体はかかります。その代わり、育毛だけではなく、本来違う目的のためのものなので、結局コストはかからないに近いのです)

したのはまず、食事内容の見直しです。

それまでの脂っこいものにやや偏っていた食事を、野菜を多く摂り肉より魚を主体とするものに切り替えました。

そして、ここが一番重要なポイントになるのではないかと思いますが、民間療法というか民間伝授的な言い伝えである、「髪にはワカメなどの海草が効く」というあの文言に従って、とにかく海草、海藻の類を三度の食事に意識的に取り入れてみました。

具体的な例を示しますと、朝食にはワカメときゅうりの酢の物和えを添えたり、お昼にはひじきを小皿で取ったり、海苔の佃煮をご飯に載せたり、夕食ではとろろ昆布のお吸い物を飲んだりしました。

さらに、間食でラーメンなどを食べる時も必ず何かしらの海草を具と共に混ぜ合わせ、口にするものに海草がない食事はないくらい徹底しました。

食べることに合わせて同時に取り組んだのは、シャンプーをこまめに実施することでした。入浴しない日でもシャンプーだけは心がけるようにして、ほぼ毎日シャンプーはするようにしました。この際使うシャンプーは育毛製品ではなく、普通の市販品にしました。

このように、食事内容に海草を取り入れ、生活にシャンプーを欠かさなくしても、それはそもそも必要なことですから、育毛のために新たに発生したコストはほぼゼロと見なすことが出来ると思います。

そうした食事と新習慣を続けること2週間で、最初の手応えを感じました。鏡に写る頭髪の量がにわかに増え出し、それまでははっきり露呈していた頭皮がかなり隠れるようになり出したのです。

駄目元で始めた時には思いもよらないスピードで、効果が出て来たことに、驚きを禁じ得ませんでした。民間伝授は嘘じゃないんだなと思いました。

その後もこの新習慣を励行した結果、半年で5歳は若返った感じにまで髪は戻りました。

薄毛対策のために育毛剤でエイジングケア

年齢を重ねると肌も衰えてきますから、肌にシミやしわが目立ってきます。それと同じように、髪の毛が生えている大元の頭皮も年齢と共に衰えてきてしまいます。

健康な髪を作れなくなり、女性の薄毛や抜け毛が進行してしまいます。

40代辺りから、女性は女性ホルモンの分泌が急激に減ってしまって、薄毛がこの時期から進行度が高まります。

急に抜け毛や増えたとかボリューム不足になったとお悩みなら、スカルプケアを始めてみましょう。

女性の薄毛の7割以上は正しいケアで改善するとも言われていますから、あせらず正しいケアを続けていくのが大切です。

肌のエイジングケアと同じで、スカルプケアは衰えた頭皮の機能を高めてくれて、頭皮のエイジングケアになります。

色んなスカルプケア用のアイテムが出回っていますが、やはり一番効果的なのは女性専用育毛剤です。

男性と女性ではそもそも薄毛の原因が違っていますから、女性専用のものでないと効き目がありません。

有効成分がしっかり配合されていて、頭皮の血行促進と乾燥対策ができて、育毛にいい成分が入ったものを選びましょう。

また、頭皮も肌と同じでバリア機能があります。

加齢によってバリア機能が低下してしまいますから、余計な刺激を頭皮に与えないためにも、添加物などが省かれた無添加のものがおすすめです。

原材料もチェックしてみて、天然由来のものが使われている安全性の高い育毛剤を選びましょう。

頭皮の血行がよくなると、髪の毛を作っている毛母細胞などに栄養や酸素を運びやすくなります。

しっかりと栄養を取ることができれば新しい髪を作り出す効果が高まりますし、健康な髪として育ちやすくなります。

また、保湿は必須で、頭皮と髪をしっかり保湿してくれる成分が入っているかどうかチェックしてみましょう。

女性にとってはハリツヤのある美しい髪をいつまでも維持しておきたいですから、しっとりと滑らかな髪でいるためにも保湿がしっかり行えるタイプがおすすめです。

低下したバリア機能は水分が蒸発しやすくなっています。自分では気づかないうちに頭皮が乾燥してしまうと抜け毛や薄毛を増やすことにもなりますし、フケやかゆみが起きやすくなります。

頭皮のコンディションを大きく左右しますから、たっぷりと保湿成分が入っている育毛剤を選びましょう。

育毛成分は育毛剤の要でもあります。細胞を活性化してくれて発毛や育毛効果を高める成分がたっぷり入っていて、天然由来の刺激がないものがベストです。

しっかりと効果のある専用育毛剤を選んで、肌のエイジングケアと同じで根気よく続けていくのが大切です。

年齢による美容ケアの一環として、無理なく取り組んでいきましょう。