薄毛にならないために早めに対処する

かっこ悪い、不潔など薄毛に対して私は良いイメージを持っていません。実際、私の職場などにいる薄毛の男性は、カッコいいとも言えず、どちらかというと職場の方からも距離を置かれています。

原因が全て薄毛というわけではありませんが、何故か薄毛ではない男性の方が人気があります。

私はまだ髪の毛がある方ですが、将来的に薄毛にならないよう髪の毛のあるうちから対処を始めています。その為、様々なことも調べました。

まず、薄毛にならないために頭皮の環境を改善する必要があります。髪の毛が生えてくるのを邪魔しないよう頭皮を清潔に保つことが大事で、そのためにも毎日欠かさず洗髪をしましょう。

ただ、洗髪の際に、爪を立ててごしごしこすることはNGです。頭皮が傷つくと、薄毛になりやすくなります。また、整髪料を使っている人は整髪料をしっかりと洗い流してください。

ただ、長い時間シャンプーをしていたり、2度洗いしてしまうと、必要な油分まで落としてしまうので注意が必要です。洗髪の際にはお湯の温度も重要で、熱すぎると油分を溶かして落とし切ってしまうので、38~40℃のお湯がベストです。

また、シャンプー剤も洗浄力に特化したものではなく、オーガニックなど人体に優しいものがおすすめです。また、髪の毛の絡みなどを無くすため、コンディショナーもしっかりとします。

ただし、頭皮につけないよう気をつけてください。

また、美容師に聞いたことなのですが頭皮を柔らかく保つことも薄毛には効果的ということでした。その為にも頭皮マッサージを毎日することをおすすめします。

やり方は、簡単でおでこ、耳の裏、後頭部の頭皮を頭頂に向けて引き上げるようにします。そのあと、全体的に頭皮を動かすようにマッサージします。私も、これを初めて2ヶ月程で頭皮が柔らかくなりました。

ただ、1日1回が限度です。何事もそうですがやり過ぎはいけません。

これまでは、頭皮環境の改善方法でしたが、それ以前に自分の生活のリズムも薄毛に影響を及ぼします。毎日、決まった時刻に起き、きちんと食事し、夜更かしせず決まった時刻に寝て、ストレスなく生活するということが何よりもの薄毛対策になります。

ただ食事の内容も、油っこいものや外食、コンビニ食を食べるのではなく、バランスよく食べるようにします。

一見薄毛となんにも関係がないようにも思えますが、規則正しい生活は、頭皮、髪の毛にしっかりと栄養を送ることができたり、頭皮の循環もよくしてくれる効果があります。

もし、薄毛で悩んでいる方は、まず生活環境から見直すのもよいです。

薄毛は毎日の食生活の見直しで改善できる?

髪の毛のトラブルはとてもデリケートなトラブルと言えます。

見た目の中でも特に頭頂部は注目が集まりやすい部分でもありますので、一刻も早くこの状況を改善したいと思う方は多いことでしょう。

その改善方法はいくつか存在しますが、即効性はなくともすぐに出来る方法に、毎日の食生活を見直すというものがあります。

この食生活の見直しで、本当に薄毛の改善は出来るのでしょうか?

薄毛の原因の一つとして、男性ホルモンの影響があります。

男性ホルモンはその名の通り、男性が多く分泌されているホルモンですが、男性よりも少ないですが女性にも存在しています。

この男性ホルモンの一種であるジヒドロテストステロンには非常に強力な脱毛作用があります。

その原因となるのが、最も強い作用を持つ男性ホルモンであるテストステロンが代謝によって変化したものなのです。

これは生活の乱れによって過剰に分泌されてしまい、それが原因でAGAと呼ばれる薄毛症状の原因となるのです。

では薄毛をどう抑えればいいのかというと、髪の毛が育つために必要になる栄養素を摂取することです。

まずは髪の毛や爪の主成分となっているケラチンというタンパク質を生成するために必要になる、アミノ酸を摂取することが一番です。

アミノ酸はタンパク質が分解されて摂取されるため、タンパク質を摂取することで体内でアミノ酸に分解、そしてケラチンに再合成されるため、タンパク質をとにかく摂取するようにしましょう。

また頭皮や髪の毛を健康的にするビタミン類も必要不可欠です。

特に魔法のビタミンとして今や誰もがしっているビタミンCは、頭皮環境を良くするだけでなくタンパク質の吸収を手助けする働きも持っているため、必ず摂取しましょう。

またミネラルも髪の毛の生成やタンパク質の合成をサポートしてくれるだけでなく、健康的な体の維持に必須となっています。

特に亜鉛は毛髪の成長のサイクルを整え、ジヒドロテストステロンが影響を及ぼす髪の毛の成長のサイクルを元に戻してくれる働きもあるのです。

亜鉛不足は味覚障害や免疫力の低下だけでなく、抜け毛の症状も挙げられているため、ミネラルも必ず摂取しておきたい成分と言えますね。

上述したこれらの成分は、健康的な体の維持に必要不可欠なものです。昨今では仕事に追われたり出費がかさみ、食生活が蔑ろになっている方も多いのではないでしょうか。

つまり薄毛は、栄養バランスが乱れて必要な成分が足りていないという、体からの警告と言っても過言ではないのです。

薄毛を改善するためには、もちろん専門用具や医療などによる治療が必要な場合もあります。しかし日常生活から見直しを計らないと、根本的な解決にはならないのです。

逆に言えば食生活を改め、不足しがちな栄養分を摂取すれば薄毛の改善は可能ということになります。

少し髪の毛が薄くなってきたかもしれないと気づいたり、将来的に不安に思っているという方は、ぜひ食生活を見直し、髪の毛に良い成分を継続的にしっかり摂取してみましょう。

髪に海草は効くという民間伝授はホントだった!

30代の後半から薄くなり出し、40代にしてはっきりと頭頂部、M字がほぼ同時に進行しました。それからは育毛剤、育毛シャンプーなど手に入れられるものを試しましたが、進行を抑えることが出来ないまま40代も後半に突入し出した頃、突如として好転の兆しが現れました。

それは駄目元で試した民間療法的な対処法によってでした。しかも、それまでに試したものに比べてほとんどお金もかからない画期的なものです。

(ただ、お金自体はかかります。その代わり、育毛だけではなく、本来違う目的のためのものなので、結局コストはかからないに近いのです)

したのはまず、食事内容の見直しです。

それまでの脂っこいものにやや偏っていた食事を、野菜を多く摂り肉より魚を主体とするものに切り替えました。

そして、ここが一番重要なポイントになるのではないかと思いますが、民間療法というか民間伝授的な言い伝えである、「髪にはワカメなどの海草が効く」というあの文言に従って、とにかく海草、海藻の類を三度の食事に意識的に取り入れてみました。

具体的な例を示しますと、朝食にはワカメときゅうりの酢の物和えを添えたり、お昼にはひじきを小皿で取ったり、海苔の佃煮をご飯に載せたり、夕食ではとろろ昆布のお吸い物を飲んだりしました。

さらに、間食でラーメンなどを食べる時も必ず何かしらの海草を具と共に混ぜ合わせ、口にするものに海草がない食事はないくらい徹底しました。

食べることに合わせて同時に取り組んだのは、シャンプーをこまめに実施することでした。入浴しない日でもシャンプーだけは心がけるようにして、ほぼ毎日シャンプーはするようにしました。この際使うシャンプーは育毛製品ではなく、普通の市販品にしました。

このように、食事内容に海草を取り入れ、生活にシャンプーを欠かさなくしても、それはそもそも必要なことですから、育毛のために新たに発生したコストはほぼゼロと見なすことが出来ると思います。

そうした食事と新習慣を続けること2週間で、最初の手応えを感じました。鏡に写る頭髪の量がにわかに増え出し、それまでははっきり露呈していた頭皮がかなり隠れるようになり出したのです。

駄目元で始めた時には思いもよらないスピードで、効果が出て来たことに、驚きを禁じ得ませんでした。民間伝授は嘘じゃないんだなと思いました。

その後もこの新習慣を励行した結果、半年で5歳は若返った感じにまで髪は戻りました。

薄毛対策のために育毛剤でエイジングケア

年齢を重ねると肌も衰えてきますから、肌にシミやしわが目立ってきます。それと同じように、髪の毛が生えている大元の頭皮も年齢と共に衰えてきてしまいます。

健康な髪を作れなくなり、女性の薄毛や抜け毛が進行してしまいます。

40代辺りから、女性は女性ホルモンの分泌が急激に減ってしまって、薄毛がこの時期から進行度が高まります。

急に抜け毛や増えたとかボリューム不足になったとお悩みなら、スカルプケアを始めてみましょう。

女性の薄毛の7割以上は正しいケアで改善するとも言われていますから、あせらず正しいケアを続けていくのが大切です。

肌のエイジングケアと同じで、スカルプケアは衰えた頭皮の機能を高めてくれて、頭皮のエイジングケアになります。

色んなスカルプケア用のアイテムが出回っていますが、やはり一番効果的なのは女性専用育毛剤です。

男性と女性ではそもそも薄毛の原因が違っていますから、女性専用のものでないと効き目がありません。

有効成分がしっかり配合されていて、頭皮の血行促進と乾燥対策ができて、育毛にいい成分が入ったものを選びましょう。

また、頭皮も肌と同じでバリア機能があります。

加齢によってバリア機能が低下してしまいますから、余計な刺激を頭皮に与えないためにも、添加物などが省かれた無添加のものがおすすめです。

原材料もチェックしてみて、天然由来のものが使われている安全性の高い育毛剤を選びましょう。

頭皮の血行がよくなると、髪の毛を作っている毛母細胞などに栄養や酸素を運びやすくなります。

しっかりと栄養を取ることができれば新しい髪を作り出す効果が高まりますし、健康な髪として育ちやすくなります。

また、保湿は必須で、頭皮と髪をしっかり保湿してくれる成分が入っているかどうかチェックしてみましょう。

女性にとってはハリツヤのある美しい髪をいつまでも維持しておきたいですから、しっとりと滑らかな髪でいるためにも保湿がしっかり行えるタイプがおすすめです。

低下したバリア機能は水分が蒸発しやすくなっています。自分では気づかないうちに頭皮が乾燥してしまうと抜け毛や薄毛を増やすことにもなりますし、フケやかゆみが起きやすくなります。

頭皮のコンディションを大きく左右しますから、たっぷりと保湿成分が入っている育毛剤を選びましょう。

育毛成分は育毛剤の要でもあります。細胞を活性化してくれて発毛や育毛効果を高める成分がたっぷり入っていて、天然由来の刺激がないものがベストです。

しっかりと効果のある専用育毛剤を選んで、肌のエイジングケアと同じで根気よく続けていくのが大切です。

年齢による美容ケアの一環として、無理なく取り組んでいきましょう。

専門医による薄毛の治療

薄毛を専門医に治療してもらう事例は、かつてよりも飛躍的に増加してきているのではないかと考えられています。

薄毛やハゲなどの悩みに対処する専門の外来やクリニックが増えたことに伴い、このような動きがスタンダードなものとして取り上げられています。

薄毛の原因に合わせて、最適な治療の計画や方法を決定することが大きな特徴のひとつとして挙げられるようになってきており、関心が強く向けられています。積極的に薄毛に関する内容の相談を持ち掛けることも可能になり始めているため、薄毛の人にとっては強い味方になりうるのではないでしょうか。

薄毛の専門的な外来などでは、根本的な部分から症状を食い止めることが意識されています。男性に多いとされる薄毛やハゲなどは、AGAに代表される脱毛症によって生じている場合が多いのではないかと考えられています。

ケースバイケースで原因や症状を探りつつ、薄毛がこれ以上進行しないように手立てを打つことが、複雑の専門のクリニックで普遍的に進められています。

こうした特徴は高く評価されることが多くなってきていることから、様々なエリアで専門外来の存在が脚光を浴びているのではないかと推測されています。

症状を抑制するために必要な生活習慣の改善や投薬なども、薄毛外来では本格的に進められています。長期的なスパンで薄毛が悪化しないようにすることが目指されることにも繋がり、良い特色として関心を集め始めています。

ライフスタイルの乱れが薄毛を進行させることに関しては、医師によって丁寧にアドバイスされる傾向が年々強まってきているため、治療の効果を押し上げる良い契機になっています。

薄毛に悩む人の根本的な問題解決を根底に置いた治療の方法として挙げられ、多くの人が薄毛の専門クリニックを受診してみたいと希望することへと繋がっています。

薄毛に関連した症状を本格的にケアする医療機関や専門医の存在は、今後更に多く見受けられるようになるのではないでしょうか。

そのため、薄毛が悪化する可能性が低減することに加えて、薄毛の悩みを軽減することへの期待も、次第に強く掛けられていくものと見込まれています。

最近は多くの人が、薄毛を気にして専門医の治療を受けてみたいと希望するようになりつつあると考えられています。

専門医がしっかりと治療をサポートできる環境が充実することによって、治療の効果を高めることがより高い頻度で実現されていくのではないかと予測されています。